デジタルレントゲン

 診断用X線装置は、主に胸部単純写真や胃部X線検査(バリウム)で使用しております。胃部X線検査は内視鏡検査の勢いにかき消されてしまった感がありますが、バリウムの検査は長い歴史があり、症例などの積み重ねで、決して悪くない検査法です。しかも簡便で、短時間で検査することができます。また、一部の胃がん(スキルス胃がんなど)を見つけるのには、胃部X線検査が最も適していると言われております。

ページの先頭へ